2012年02月02日

想定内と想定外

2/1(水)風が強い、寒い日。
ハルク、久しぶりのリハビリでした。


実は、ここ数週間、散歩に行きたがらないし、
行っても歩きたがらないという状況だったので、
診察もついでにお願いしました。


特に、散歩の時にずっとケンケンしてるので、
それも気になって動画を撮って行きました。


ケンケン散歩(音でます。)



この動画を見たら先生の顔が変わりました。
病院の前を歩いてみて、リハビリで水中トレッドミルもやってみて、
出た結論は。。。


想定内の原因〜 しっぽの付け根で椎間板ヘルニアの疑い。




もっと上の方の椎間板だと歩けなくなるらしいのですが、
しっぽの付け根辺りは歩けるらしいです。
で、両足ともフラフラみたいなのは典型的な症状らしいです。


ハルクは予防造窓術をやっています。
あんなに元気で、手術して1年半ぐらいなので、
しっぽの辺りに症状が出てくるのは先生の想定内だったそうです。
でも、まだひどい状態ではないとのこと。


想定外の原因〜右後ろ足、膝の関節炎。




しっぽの付け根の状態で、こんなにケンケンしないよなって話になって、
レントゲンを撮ったら、右後足に関節炎の症状が出ていました。
原因は膝のお皿が緩いことらしいです。


先生にとっては膝が緩いなんて想定外だったそうです。


ハルクは小さい頃からケンケンして歩いてて、
椎間板ヘルニアになった時にもその話はしたはずなんだけどな〜と思いつつ、
ただ、こんなにずっとケンケンして歩いてるのは無かったことなので、
何らかの原因で関節炎になってかばって歩いているのは間違いないようです。


消炎鎮痛剤を飲んで、でもお散歩は通常通りにして、2週間様子を見ます。


お散歩では「あっち行く〜」とかで踏ん張ったりしてるので、
そういうのをちょっとずつ見直して、うまく落ち着くことを祈っています。


寒いのもダメなのかなと思って、今日はおパジャマ着てるハルクでした。

20120202_01.jpg

ニックネーム ハルクママ at 15:53| Comment(8) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする