2011年04月12日

義眼も選択肢に

昨日、4/11から地震が続いてます。
震災から1ヶ月経って、地面が元に戻ろうとしてるのかしら。
「地球さん、止まって〜」と言いながら机の下にもぐるハルクママです。

---------------------------------------------------------------

4/9(土)、ハルクの眼科でした。
眼圧はやっぱり、かるーーーーーく 40超え。
すでに1ヶ月近く40台です。


しかも先週は強い目薬の回数を増やしていたのに、
まったく眼圧が下がらず(泣)
ハルクの右目はかなり大きくなり、白目は充血しまくり、
とても可哀そうな状態になってます。


今度の土曜日まで、目薬を通常の回数に戻して、
眼圧がどうなるか様子を見ることになりました。


そこで、まだ40台だった場合には、再度レーザー治療か、
「義眼」にするような外科治療をしましょう、と言われました。


義眼といっても、目ん玉をくり抜いちゃう訳ではなくて、
インプラントといって、目の中身を出して、代わりにシリコンを入れる方法。
自分の目を残しておくので違和感が少ないのだそうです。


まだ若いし、もう見えない目に長く目薬をして負担をかけるよりも、
本人もストレスがないのではないか、と言われました。


私は、効くかどうかわからないレーザー治療でハルクに負担をかけるなら、
義眼にして、もう眼圧とか目薬とか、そういうストレスから解放してあげるのも
選択肢として、ありなんじゃないかと思いました。


しかし、パパは、



両方、イヤ!(子供じゃないんだから)



パパを説得するためにも、最良の選択をするためにも、
セカンドオピニオンが必要かもしれません^^;

ニックネーム ハルクママ at 14:20| Comment(2) | 目の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする