2011年04月30日

術後6ヶ月検診

4/30(土) ハルクの椎間板ヘルニア手術から6ヶ月。
院長先生の検診がありました。


診察室の床を歩くハルクを見て驚きの院長。
「よくここまで回復しましたねぇ」


若かったこと、手術が早かったこと、
術後1ヶ月から毎週通ったリハビリも効果があったけど、
何によりハルクの走りたい気持ちが一番強かったと思います。


順調な回復をうけて、本日より、かけっこ解禁♪
リードでコントロールすることを条件にお散歩で走ってもOKになりました。
やったね〜


注意点としては、
体をくの字に曲げるような動きをしない、強い衝撃を避ける、
階段の上り下りなど腱や筋肉を傷めるような動作をしない 等。


走る時はまだまだ後ろ足が揃ってしまい、体がくの字になりやすいので、
ドッグランに連れて行くのは難しいけど、その分、公園を一緒に走ろうね。


目の事はとても心配だけど、腰のほうは着実に回復していてうれしいです。


リハビリの映像は5/9の記事に続く

ニックネーム ハルクママ at 00:00| Comment(0) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

眼科セカンドオピニオン

ブログの更新サボりまくってたら、1ヶ月経ちそうになりました^^;
GW中の出来事を中心にまとめてUPします〜

----------------------------------------------------------------

4/29(金) 昭和の日

朝9:00の予約で、整形外科が紹介で使っている別の眼科に行きました。
浅草合羽橋近くの眼科医のいる動物病院です。


白内障からの経緯、現在の状況、手術の要否で悩んでいる事など説明。

「もしハルクが、この状態でこの病院に初診で来たら、
 先生はどんな治療方針をとりますか?」なーーんて上から目線の質問して。


一目で高いとわかる眼圧、目もかなり大きく、眼球も固くなっている。
網膜剥離になったなら内科治療で眼圧をコントロールするのは困難。


年齢を考えればこの病院でもやはり手術はやった方が良いとの意見でした。


手術方法としては、

 ●インプラント(網膜を残してシリコンを入れる)
 ●義眼(眼球を全部取ってしまってシリコンを入れる)
 ●眼球摘出(眼球を全部取ってしまってそのまま閉じる)

の3パターンがあって、デメリットとしては、

 ●インプラントだとドライアイになりやすい子がいて、
  そうなると一生うるおいの目薬が必要になる。
 ●義眼だと感染症が起こりやすい。入院も長い。
 ●眼球摘出は見た目が悪い。


今の眼科医がインプラントを勧めるなら、今までの検査でドライアイの危険も
ないと判断していると思わるので、それがいいかもしれないですよと。


眼科医が両方ほとんど同じ意見だったので、
手術はやった方がいいというのは理解したハルクパパ。


それでもまだ、麻酔のリスクや、入院時のハルクのこと、
いろいろ考えて結論を出せないハルクパパ。


ハルクの状態、高眼圧のままならいいけれども、
別の炎症により目の中で出血して眼球縮小が起こってしまうと、
インプラントによる手術が出来なくなってしまうそうなので、
決断を迫られている状況です。


5/7(土)の記事につづく

ニックネーム ハルクママ at 00:00| Comment(0) | 目の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

義眼も選択肢に

昨日、4/11から地震が続いてます。
震災から1ヶ月経って、地面が元に戻ろうとしてるのかしら。
「地球さん、止まって〜」と言いながら机の下にもぐるハルクママです。

---------------------------------------------------------------

4/9(土)、ハルクの眼科でした。
眼圧はやっぱり、かるーーーーーく 40超え。
すでに1ヶ月近く40台です。


しかも先週は強い目薬の回数を増やしていたのに、
まったく眼圧が下がらず(泣)
ハルクの右目はかなり大きくなり、白目は充血しまくり、
とても可哀そうな状態になってます。


今度の土曜日まで、目薬を通常の回数に戻して、
眼圧がどうなるか様子を見ることになりました。


そこで、まだ40台だった場合には、再度レーザー治療か、
「義眼」にするような外科治療をしましょう、と言われました。


義眼といっても、目ん玉をくり抜いちゃう訳ではなくて、
インプラントといって、目の中身を出して、代わりにシリコンを入れる方法。
自分の目を残しておくので違和感が少ないのだそうです。


まだ若いし、もう見えない目に長く目薬をして負担をかけるよりも、
本人もストレスがないのではないか、と言われました。


私は、効くかどうかわからないレーザー治療でハルクに負担をかけるなら、
義眼にして、もう眼圧とか目薬とか、そういうストレスから解放してあげるのも
選択肢として、ありなんじゃないかと思いました。


しかし、パパは、



両方、イヤ!(子供じゃないんだから)



パパを説得するためにも、最良の選択をするためにも、
セカンドオピニオンが必要かもしれません^^;

ニックネーム ハルクママ at 14:20| Comment(2) | 目の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

東日本大震災チャリティー花風水

日本赤十字や中央共同募金会に集まった義援金。
通常は当事者同士が義援金配分委員会ってものを作って被災者に配るんだけど、
今回は被災地が広すぎるので「政府主導」で配分を決めると言ってるみたい。

では、具体的にどうするのか。
いつも枠組みだけで、何をするのもノロいのに、任せてたらいつになるのか。
気が付いたら別の事に使われちゃったりしないかしら?

義援金を送る場合は、直接、県や市に送った方が早く配分してもらえるかも。
ちなみに、宮城県では「復興」と「被災者支援」で振込口座を分けています。
もちろん、石巻市も多賀城市も。


---------------------------------------------------------------


政府が差配するって知らなかった先月末。
人気風水師 李家幽竹さんが監修するフラワーアレンジメント「花風水」
4月/卯月は、東日本大震災のチャリティーとして、
購入金額全額を日本赤十字社に寄付するとのことだったので、
申し込みをしてみました。


4/5に届いたお花。ブーケです。
20110406_01.jpg


「祈り」というテーマでラナンキュラスを中心としたアレンジ。
花瓶に移し替えたら、あっという間につぼみが開きました。


20110406_02.jpg



こんな感じに日差しが入り、暖かい部屋だったからでしょうね。
20110406_03.jpg


この花を見ながら、今は被災地の方々の為に祈っています。


チャリティーといえば、スヌーピーチャリティーTシャツも販売されてます。

↓おかいものスヌーピー
https://okaimono-snoopy.jp/feature/charity-t


でもやっぱり中央募金会なのね〜


早く被災者の皆さんに義援金が届くように祈ってやみません。

ニックネーム ハルクママ at 18:29| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする